子供の乳歯を虫歯菌から守る

子供の乳歯を虫歯菌から守るにはコレが必要です。永久歯につなげるための乳歯を大切にしましょう。
MENU

子供の乳歯が虫歯になりやすい理由とは

子供の乳歯は虫歯になりやすいため、親がよく管理して、
その原因を取り除いてあげないといけないのですが、多くの大人は子供の歯の特徴を知りません。

 

子供の乳歯は虫歯になりやすい要因がたくさんありますので、
わかってケアしてあげてこそちゃんと予防することができます。
たとえば、乳歯の虫歯は大人の虫歯とは異なり、わかりやすく奥歯の中央にできることはありません。

 

 

実は、歯と歯の間にできることが多いのです。

 

というのは、子供は固いものをそれほど食べず、
柔らかいものや流動食状のものをよく食べる傾向があります。

 

これらは奥歯ですりつぶす必要はあまりないので、噛めばすぐに口の中に飛び散り、
そして歯と歯の小さな隙間にも流れこんでいってしまいます。

 

そのため、歯と歯の間に汚れが付着してそのまま残りやすく、
そこで虫歯が発生しやすくなってしまうのです。
気づきにくいため、気づけば穴が開いていた、というようなこともあります。

 

また、歯の溝にも同様の理由で汚れがたまりやすいので、
それによって虫歯ができやすいというのが子供の虫歯の特徴です。

 

他にも、黒い色ではなく白い色をしていることも多く、発見や対処が遅れがちです。

 

虫歯予防に毎食後の歯磨きは難しくても、お水やお茶を飲んだりうがいをするなど、
口の中をすすぐように習慣づけてあげるのもひとつの方法です。
子供の歯の特徴をわかって、できるところからしっかりケアしてあげましょう。

虫歯菌は何歳まで予防すればいいの?

歯は一生使うもので、たとえ子供の歯だとしてもそれが虫歯になり、抜け落ちてしまうと
後々生えてくる永久歯にまで影響があるそうです。

 

私たちの歯を脅かす一番の要因はやはり虫歯。
この虫歯菌は元々口の中にあるのではなく、周囲から徐々にうつっていくものです。

 

ある話では、三歳までに虫歯菌に感染しなければ一生大丈夫という話もありますが、
これは本当なのでしょうか?
結論から言うと、「大丈夫とは言えないが、虫歯になりやすい体質になる」ようです。

 

 

■三歳は乳歯の完成時期
三歳というのがどういう時期かというと、乳歯が完成する時期です。
歯が完成するというのは、たんに生えそろうというだけではなくて、その歯の質が完全な状態になるということ。

 

特に、歯の一番表面にあるエナメル質は、人間の体で一番硬いものですが、
このエナメル質は外側にあるだけに最後に整ってきます。

 

ですから、このエナメル質がまだ出来上がらないうちには、
虫歯菌が出す酸によってこのエナメル質だけでなく歯の内側の部分が溶けやすく、
乳歯の虫歯の被害が広がりやすいのです。

 

だから、フッ素でコーティングしたり、歯みがきをしっかりすることで
虫歯菌が増える原因である歯垢を取り除くことに気を遣おうということです。
もちろん、炭酸飲料や糖分の多いお菓子類など甘い食べ物は要注意ですよ。

 

 

■三歳は口腔環境ができあがる時期
そして、もうひとつ大事なことがあります。
三歳は口腔環境が出来上がる時期と言われていて、上記の歯はもちろんのこと、
唾液の分泌や口の中の細菌のバランスなどもできあがる時期なのだそうです。

 

三歳は口腔内に常在している菌がある程度安定してくる時期であり、
この菌によって口内の体質が作られていきます。
つまり、この時点での虫歯菌の割合の大小は一生つきまとうことになります。
虫歯になりやすい、なりにくいはここまでにほぼ決まるのです。

 

だからこそ、三歳くらいまでをひとつの目安として、
虫歯菌の侵入を徹底的に注意すべきだと考えられているのですね。

 

 

■虫歯菌の感染を抑えるには?
虫歯菌は菌ですので、いろんな形で感染します。
同じ食器を使って飲食すれば感染しますし、キスなどをしても感染します。
愛情あふれるあまりやってしまいがちですが、注意しなければなりません。

 

また、虫歯を持っている人は当然虫歯菌が多いので、
上記のリスクはより高くなってしまいますので注意が必要です。

 

ただ、虫歯菌があることがイコール虫歯につながるわけではなく、
その程度の問題ですから、普段から口内を清潔にできればさほど問題にはなりません。

 

 

虫歯菌は糖分を使って増殖し酸を生成しますので、
その原因となる糖分の多い甘い食べ物に気をつけて、
またそうしたものが歯垢として残らないよう歯みがきをしっかり行うことが重要です。

 

また、口呼吸がクセになっていて口の中が渇きがちな子も要注意です。
唾液には口の中のph値を中和する役割があり、
この唾液が機能しないと口の中が虫歯菌の酸によって酸性に傾き、
歯の溶けやすい環境ができてしまいます。

 

虫歯の要因は様々ですので、ひとつずつ改善しながら口腔環境を守りましょう。

乳歯の虫歯予防はどうすれば?

子供の乳歯の虫歯予防において柱になるのは、やはり歯みがきです。
虫歯ができる過程を簡単に説明しますと、

 

● 口の中に虫歯菌が入る

 

→ 虫歯菌は砂糖を栄養として歯の表面に粘り気のある物質を作る

 

→ 虫歯菌が歯垢を作る。歯垢は他の細菌を増殖させる苗床となる。

 

→ 虫歯菌が食べ物の糖分を餌にして酸を作る

 

→ 酸が歯の表面のエナメル質を溶かす

 

→ 歯の中のリン、カルシウムが溶け出して虫歯ができる

 

 

という流れになります。

 

 

昔、コーラや炭酸飲料を飲むと歯が溶ける、と言われたことはありませんか?
あれは、炭酸が歯を溶かすのではなく、
糖分が虫歯菌によって酸に作り変えられることで歯が溶けるのです。

 

ですから、問題はその糖分をいかに口内から取り除くかで、
そのためにはやはり歯みがきが重要だということになります。

 

 

歯の汚れを落すことで虫歯菌の栄養を少なくし、
またうがいすることで歯や歯の隙間についた糖分を洗い流します。

 

食事をすると虫歯菌が酸を生成するので口内が酸性に傾くのですが、
普段は唾液が1時間程度かけてこれを中和しています。

 

 

歯みがきをすると、糖分やネバネバした物質を取り除くので酸の生成を妨げ、
結果として唾液の仕事のお手伝いをすることになります。
ですから、歯みがきは食後早めに行うことが効果的です。

 

毎回行うのが難しいという場合は、うがいをする、食事の後に糖分のない水やお茶を飲ませる、
など、虫歯になりにくい習慣を考えて行うようにしましょう。

 

子供の虫歯の特徴

子供が大きくなってきて、ごはんをたくさん食べるようになり、
おやつおやつと言ってくるのは親としては嬉しいもの。

 

しかしながら、食事ほどは歯磨きが好きな子供はなかなかいないために、
虫歯のことはいつも心配です。
しかも、子供の乳歯は虫歯になりやすいのです。ご存知でしたか?

 

 

というのは、子供自身に歯磨きの能力が足りなくてそうなのではなくて、
その歯の作りだったり性質による部分も大きい
のです。

 

これがどういうことか、いくつか例を挙げて説明してみましょう。

 

 

子供の乳歯は虫歯になった時に、大人のように黒ではなく、白いまま虫歯になります。
それで気づかれないまま放っておかれることが多いので、
いつの間にか虫歯になってしまいやすいんですね。

 

黒い虫歯は進行の遅い虫歯で、白い虫歯は進行の早い虫歯です。
子供の歯は大人の歯と比べて柔らかいので、白い虫歯がどんどん進行してしまいます。

 

 

また、子供の歯というのはエナメル質が大人の半分程度しかありません。

 

このエナメル質というのは人間の体の中で一番硬い物質であるといわれていますが、
これが薄ければ、それだけ歯が弱いということになります。

 

虫歯がエナメル質内であれば再石灰化によって治る可能性がありますが、
エナメル質を抜けて象牙質に入ってしまうと一気に虫歯が広がっていきます。

 

 

こうした歯の特性の違いがあるので、子供の乳歯は虫歯になりやすいのです。
ですから、違いをわかって親がしっかりデンタルケアしてあげるようにしましょう。

話題のフッ素は子供虫歯に効果あり?

歯医者さんに行くと、フッ素を歯に塗ることをしてもらうメニューが必ずあり、
使用する歯みがき粉もフッ素を配合したものを勧められることも少なくありません。
それほど、フッ素による治療は乳歯の虫歯予防に効果があるのでしょうか?

 

子供たちの乳歯は、永久歯に比べて一般的にエナメル質が薄くなっています。
このエナメル質は、人間の体の中で最も硬い物質であり、このエナメル質が薄い、
少ないということはそれだけ歯が弱く柔らかいということを意味します。

 

そのため、磨耗しやすく、また虫歯になった時も溶解が早く進みやすいのです。
ですから、虫歯に対しては対応療法よりも予防治療が大人よりも重要になります。

 

 

一度虫歯が進行すると、大人よりもずっと早く進むために、
自然治療を期待するのは難しく、常に先手先手で対応をしていく必要があります。

 

歯医者さんでフッ素の塗布が歯に対してなされるのは、
フッ素は歯に取り込まれると、歯を強く硬くする効果があるからで、
さらに乳歯のほうが永久歯と比較してフッ素を歯質内に取り込みやすく、
歯質を強化する効果が高いというデータがあるからです。

 

 

歯質を強くするという働きだけではなく、フッ素には虫歯菌そのものの働きを抑える作用があり、
口腔内において虫歯菌を少なくし、虫歯ができにくい環境を作るためにも
効果的だと考えられています。
ですから、年に数回のフッ素の塗布を歯医者さんでは勧めているのです。

 

フッ素を塗ったとしても歯垢があれば虫歯菌は活動しますから、
日々のブラッシングがもちろん大事なことには変わりありません。

 

 

また、フッ素は予防に重点を置いた治療方法ですから、
一度大きくできてしまった虫歯に対しては進行を和らげる程度しか効果はないので、
その場合は大人と同じように詰め物を歯に施して対応することになります。

 

フッ素入りの歯みがき粉を使うのは、
こうしたフッ素を日々口腔内に取り入れることで蓄積させることが目的で、
歯医者さんで治療を受ける時と比べると濃度も低く効果も薄いですが、
毎日行うことで自然に負担なく行えるのがメリットです。

 

その他、ペースト状の歯に塗るタイプのものや、うがい薬に混ぜた商品もあります。
フッ素を利用したデンタルケアアイテムを使うことによって、
効率的に虫歯に強い口腔環境を作ることができるので歯医者さんでは勧めているのです。

 

 

虫歯ができやすい歯質だと感じるなら、早めにフッ素ケアを導入するのが良いでしょう。

メニュー

このページの先頭へ